Snow-Islandロシアンブルーファミリー

  1. 2017-2018年度リジョナルウイナーとグランド達成のご報告

    ご報告が遅くなりました。ルーンのナショナルウイナーとブリードウイナーのことは書きましたが、2017-2018年度は他にもたくさんSNOW-ISLANDのロシアンブルーたちが活躍してくれました!2017-2018年 リジョナルウイナー:ジャパンリジョン キツン22位2017-2018年 グラン…

  2. 最高の称号、ナショナルウイナー受賞

    猫が好き、ロシアンブルーが好きでブリーディングをしている一介のブリーダーとして、CFAのナショナルウイナー(NW)は手の届かない憧れのタイトルであり、まさか自分が手にするとは夢にも思わなかった最高の栄誉でした。ジャパンリジョンが1992年に第8リジョンとして認められてから現在までに、日本人が繁殖し…

  3. モナミちゃん、グランドプレミア達成!

    CFA GP SNOW-ISLAND MON AMI LA MER2016年8月30日生まれママ メロディーパパ プルー2017年8月27日のキャットショーで、モナミちゃんがCFAグランドプレミアを達成しました!2回のショーでの獲得です!ショーが苦手な子なのですが、なんとか耐えて頑張…

  4. プリンス10歳のパープル・ライフ

    7月22日に10歳のお誕生日を迎えたプリンス。プリンス的パープルライフとでも申しましょうか、日々充実しているようで何よりです。全て飼い主さんにいただいたメッセージ入りお写真です。「俺はキャリア組」がツボでした(笑プリンスは、5年間にたった1回しかチャンスをあげられませ…

  5. Snow-Island Nightbirdことバーディくん

    (右中央写真がバーディくん)グラフィック社から発刊された「ネコ暮らしネコ遊び」に、ニモとハニーの間に生まれたバーディくんがなんと6ページに渡って載っています。飼い主さんからは様子をお知らせいただいていますが、バーディくんの普段の様子がよくわかり、大切にして下さっていることが改めて実感でき、と…

  6. たくさんのロシアンブルーと暮らす。災害時のための準備。※追記あり

    熊本の皆様、地震の被害に遭われた皆様のご無事を心からお祈りしています。これ以上被害が大きくなりませんように、本当に、本当に、お願い致します。実は、我が家出身の猫と飼い主さんが震源地に近い場所にいらっしゃって、最初の地震の後に、無事ですとお返事下さったのですが、その後大きな地震が続いてとても心配して…

  7. キャットタワー

    子猫達のために新しいキャットタワーを買いました。ステップが木でできているものもあるんですが、オススメは絨毯のステップに綿縄の柱です。木は見た目はいいのですが、特に子猫には滑りやすくて危ないんです。女の子の部屋にあるブリッジタイプのキャットタワーは、ブリッジのところだけ木になっています。でもやっぱ…

  8. 星河の婿入り

    星河(せいが・天の川の別称)は昨年5月に生まれたロッティとソアーの息子です。とても明るく甘えん坊で、膝の上が大好き、女の子のような顔が特徴の男の子です。その甘い顔立ちをテレサが気に入ってくれて、アメリカのプラチナルナキャッテリーにお婿入りしました。アメリカに行ったのは昨年の11月に行われたフィラデ…

  9. プリンスと紫ちゃん

    前からずっとブログに載せようと思っていたのですが、なかなか更新できませんでした(汗。プリンスとは6年間一緒に過ごしました。子猫を見る機会がなかなかなく、ラポーチカとの間に1度だけ子猫が生まれた後すぐに引退し、素敵な飼い主さんのお家で元気に過ごしています。一緒に暮らしているのはプリンスの一人娘の…

  10. サンダーとエース

    私にとって忘れ難い男の子、サンダー。優しく女の子のような面立ちの子で、彼の血統は今でも大切に受け継がれています。2001年に引退した後は孫猫にあたるエースと一緒に、一般の飼い主さんのところで可愛がっていただいていました。昨年サンダーが亡くなったという知らせを受け、生前にエースと楽しく幸せに暮らして…

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

PAGE TOP