サンダーとエース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私にとって忘れ難い男の子、サンダー。優しく女の子のような面立ちの子で、彼の血統は今でも大切に受け継がれています。
2001年に引退した後は孫猫にあたるエースと一緒に、一般の飼い主さんのところで可愛がっていただいていました。昨年サンダーが亡くなったという知らせを受け、生前にエースと楽しく幸せに暮らしていたお写真もいくつかいただきましたので、ブログで公開してサンダーの子孫と暮らしていらっしゃる方々に見ていただきたいと思いました。
いただいたお写真を眺めていると、サンダーと過ごした6年間のたくさんの楽しかった思い出が蘇ってきます。頭の良い、とても可愛い子でした。
最期は飼い主さんが腕の中で看取って下さったそうです。大切に可愛がって下さって本当にありがとうございました。


窓辺のサンダー。落ち着いた幸せな暮らしの様子が伺えます。


サンダーとエースはとても仲が良かったそうです。お手手を合わせている様子がとっても可愛いです!


エース(現在はアリスちゃんと呼ばれているそうです)は13歳になります。サンダーのように長生きしてくれますように。
近々会いに行けるといいなと思っています。

関連記事

  1. アメリカ猫の旅その1:CFA World Show
  2. 目が開きました
  3. 子猫たち、元気です
  4. 2017-2018年度リジョナルウイナーとグランド達成のご報告
  5. アメリカ猫旅行その2:Wynterwyndキャッテリー滞在
  6. CFAロシアンブルー世界一達成!
  7. エースの婿入り(アメリカ・シアトルへ)
  8. あけましておめでとうございます
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP