ニモのプロ写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1月にニモを連れてCFAジャパンリジョナルキャットショーに参加しました。ニモにとって日本では初めてのキャットショーです。最後にニモがショーに出たのはグランドチャンピオンを達成した時ですから、2年半以上昔のことになります。
ロシアンブルーは大抵の猫は若い時に活躍します。若い時の方がスタイルやコンディションが保ちやすいですし、若いロシアンブルーは綺麗に見えます。
ニモはショーにそのうち連れて行こうと思いながらも、忙しくてなかなかタイミングが合わず、気がついたら既に3歳半になっていました。ショーに出る年齢としてはおじさんの域です。ハンドリングに不安があったものの、4つ残ったファイナルのうち、2つもベストキャットをいただきました。
この写真はショー会場で写真家のラリージョンソンさんに撮影していただいたものです。2年半ぶりに外界へ出たニモは、カメラの前でかなりびっくりしてしまったのですが、ラリーさんは上手くなだめてくれて、なんとか撮影することができて良かったです。
初めて自分でニモのショーグルーミングをして、綺麗でカッコいいニモの姿を見られたのも嬉しかったです。スイスの実家母さんもとても喜んでいました。

関連記事

  1. 立派になりました・ペディグリーソフト
  2. 猫にかぶりものをさせたいと思った時に知って欲しいこと:Snow-…
  3. プリンスとラポーチカの子猫たち
  4. アメリカ猫旅行その2:Wynterwyndキャッテリー滞在
  5. 新しいお家
  6. みんな名前が決まったって?
  7. リクエストにお応えして
  8. 8こにゃん

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP