ロシアンはナチュラル・ブルー・ショートヘアー
 ・ロシアンブルーの定義についての意見

猫の繁殖について思うこと
 ・Snow-Islandの意見その他
ロシアンブルーから生まれるブルーポイントについて
 ・ブルー以外のカラーが生まれたら?
ホワイト?ブラック?それってロシアンブルーなの?
 近年一部のブリーダーがロシアンのブラックやホワイトなどを作出しています。でも、それは本当にロシアンブルーなのでしょうか?
 猫種名にもある通り、ロシアンブルーはブルーの猫です。
 ブルーのコートにシルバーの輝くようなティッピング、この重要な特徴がなければ私はロシアンとは思えません。ブラックとホワイトにはティップがありませんから。
 他のカラーではどうでしょうか。ロシアンピーチ?!そんな色はロシアンブルーじゃありませんよね。
 Snow-Islandをはじめ、CFAのRussian Blue Fancier'sではロシアンブルーの定義を、「ナチュラル・ブルー・ショートヘアー」と定めています。

従って、ブルー以外のカラーには反対する立場をとっています。

ネベロングについて(ロングヘアーロシアン)
 ネベロングはCFA未公認種です。近年ではだいぶ数も増えたそうです。
 この猫はロシアンにアンゴラ系の猫を組み合わせ、作出されています。
 Snow-Islandではこの猫種のブリーディングに協力する予定はありません。アビシニアンからソマリが生まれたように、ロシアンにもロングヘアーがあっていいのでは、という意見があると思いますが、私は歴史の長いロシアンブルーを大切に思っています。
※禁/無断転載・無断使用 Webmaster:Snow-Island (Y.Shimada/ Kanagawa Japan) TOP